未分類 » 道路工事ってどんなことをしているか

道路工事ってどんなことをしているか

a1180_004638

 

よく道路では工事を行っていることがあると思いますが、具体的に道路工事というものがどんなことをやっているかというのを知っている人は少ないのではないでしょうか?
道路工事が行われる理由というのは様々なものがありますが、道路工事は大きく分けて3つの工事に分けられています。
新設工事、改良工事、維持・改修工事です。

 

新設工事というのはその名の通り新しいものを作るときに行われる工事です。
次に改良工事ですが、これは道路をより使いやすいように工事するものです。
例えばバリアフリー工事などです。
障害者なども安心して使えるような道路にするために見通しの良い道路などに工事を行うものなどの事を改良工事と呼ぶのです。
維持・修繕工事というのは道路などを修理したり、維持したりするための工事です。
道路も車などと同じで古くなればなるほどヒビ割れなどを起こしてしまい道路などに亀裂が入ってしまうことがあります。

 

こういったものをしっかりと修復して道路のデコボコなどを直し車などがより走りやすいようにするのがこの維持・修繕工事です。
このように道路工事と言っても様々な種類の工事があります。
どれも道路を安全に安心して使うことができるようにしているものなので利用者にとっても大切なことなのです。