未分類 » 適用除外について

適用除外について

駐車禁止エリアだけど、適用除外される場合ありますので注意してください。
まず、公共の乗り物が使用する駐停車禁止エリアですが、これは当たり前のように公共の乗り物、バスなどは停車をすることができます。また、時間を調整するためには駐車もすることができます。
次に駐車可の標識があるところは駐車可能となるでしょう。ただし、場所によっては時間で変わることもあるので注意してください。

次に警察署長により、許可が出た場合も駐車をすることができます。ただし、条件などが厳しいので注意してくださいね。

そして、どうしても駐車が必要になる状態が駐車をすることができます。例えば災害救助や人命救助などの場合や体調不調、警察の取締、郵便物の配達、選挙活動、調査時などの理由が明確に証明できるような状態なら駐車を許可されています。ただし、通行の邪魔にならないところに限ります。特に注意して欲しいのが人名救助系でしょう。これは明確な証拠が無いと場合によっては駐車違反になりますので注意してください。
このように駐車禁止の適応除外があります。このように仕方がないことがありますのでその場合は良いでしょう。ただし、これらを理由に不当な駐車はしないようにしてくださいね。