未分類 » 駐車監視員について

駐車監視員について

道路交通法の改善により出てきたのがこの駐車監視員です。
駐車監視員は、駐車禁止エリアにある放置車の取締をする人達です。この人達が放置車両を発見すると時間に関係なく駐車違反として処理されます。昔のように5分以内なら大丈夫と言うことができなくなったので注意してくださいね。ちなみに、この駐車監視員に暴力や脅迫をすると公務執行妨害罪が成立するので注意しましょう。

この駐車監視員ですが、結構各地で知識不足やモラルの低下などがあり、問題視されています。どうしても駐車が必要で駐車したにも関わらず駐車違反にしてくるケースがあり、一部地域によってはかなり大変なことになりました。と言うのも、この人達はノルマの達成が必要になっているのが原因で、兎に角ノルマをクリアしたくてやっている人が多く大変問題になっています。民家委託を取りやめた自治体が在るくらいこのやり方に問題が出ているのです。まあ、だからと言って、駐車違反が良いわけではないので、しっかりと指定されたところに車を止めましょう。

このように駐車監視員があります。目的としては良いことなのですが、いろいろと問題があるシステムのように思えますね。ですが、これのお陰で駐車違反車が減ったのも事実でしょう。