未分類 » 違反行為の処置

違反行為の処置

駐車違反の違反行為とされた場合は、以下のことがされます。

まず、放置駐車確認標章が車に付けられます。これを付けられた状態は、もう駐車監視員に見つかっているので、しっかりと出頭してください。

次に、車輪止めを付けられる。これは車輪止め区間内に限りますが、これをされると車自体が動けないので無理に動かそうとしないようにしてください。しっかりと処理すれば動かせます。

そして、レッカーによる移動です。これは、完全に交通の邪魔や違反が長引いている時などに出てくる最終手段です。レッカーにかかる時間は30分もしないので迅速に持ってかれるので注意してください。ちなみに、レッカーをされた場合は決まった電話番号に連絡すれば見つけることができるでしょう。と言っても、駐車違反は駐車違反なので、罰則がでます。レッカー自体は、そこまで多く使われるやり方ですが、明らかに交通の邪魔や駐停車禁止エリアなどでは持ってかれるので注意してくださいね。

 

このように駐車違反をされた場合処理されます。どれもその後に出頭しないと更に重くなるので、しっかりと出頭しておきましょうね。ちなみに、出頭しない場合、放置違反金を課せられた後に、それでも出頭しない場合は、更に重くなるので注意しましょう。